ダイバーシティ&インクルージョンDiversity/Inclusion

ダイバーシティ&インクルージョン

当社では、ダイバーシティ&インクルージョン(多様化)へも積極的に対応しています。社員には、男性と女性、若手とベテラン、中途採用者と新卒採用者、日本人と外国人、正社員と契約社員など、様々な属性がありますが、そのような属性にとらわれることなく、能力を発揮したいと望むすべての人の活躍を拒む障害を取り除き、平等に活躍の機会を提供していくことが重要だと考えています。具体的には、女性のキャリアアップに対する管理職の意識改革を目的とした研修の実施や、障がい者・LGBT(※)当事者を対象とした相談窓口の設置などを行いました。

LGBTとは、セクシュアル・マイノリティすなわち性的少数者と呼ばれる人々の総称です。Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)、Gay(ゲイ、男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー、生まれた時のからだの性と、こころの性が異なる人)のそれぞれの頭文字を取ったものです。

女性の活躍支援

当社は、近年とくに、ダイバーシティ&インクルージョンの取り組みのひとつとして、女性の活躍推進に積極的に取り組んでいます。
具体的には、意識面、制度面、風土面の3つの切り口から、全社的に改革を進めており、結婚や出産などのライフイベントを経験しても継続的に勤務する女性社員数の増加やキャリア向上の促進を目指しています。これまでにも男女の区別なく、能力と意欲のある人材を管理職に登用しており、2018年4月1日時点での当社の管理職における女性比率は約8.4%となっています。
当社は、2017年11月、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(通称:女性活躍推進法)」に基づく認定制度で最上位の三段階目の認定を取得しました。これからも性別に関わらず意欲と能力のある人の活躍を推進するため、働きやすく、働きがいのある職場環境づくりを進めていきます。

えるぼしマーク