人材育成プログラム

大日本住友製薬は「社員が自らの可能性と創造性を伸ばし、その能力を発揮することができる機会を提供していく」という経営理念のもと、社員一人ひとりが自主的に能力開発に取り組むことができる風土をつくりあげています。その人材育成は、日々の仕事やチャレンジングな課題への取り組みなどを通じた職場での育成(OJT:On-the-job Training)を基本とし、様々な施策や研修(Off-JT:Off-the-job Training)がそれを補完するというものです。さらに、ジョブローテーションを組み合わせることで、効果的な人材育成を行い、社員一人ひとりが能力を最大限に発揮できる環境を整備しています。

ビジネスパーソンとしての基礎能力の上に
職務に応じた専門性を養成

Off-JTには、目的によって、人事部が実施するものと各本部・部門主催によるものがあります。人事部が行う全社横断的な階層別研修では、大日本住友製薬の社員としての意識や行動を身につけ、階層ごとに期待される役割を認識し、ビジネスパーソンとして必要不可欠な能力を強化します。
将来の経営者や幹部候補人材を養成するため、選抜型教育研修プログラムDSP Acadmyを運営し、能力ステージにあわせて経営リテラシーの醸成や課題解決力・戦略形成能力の強化等を図っています。
さらに、将来有望な若手社員が異業種、異文化の激しい環境下に身を置き、自ら困難を乗り越えていくことで、動ずることのない胆力を身に着けることを目的とした公募制の海外研修を導入しました。

一方、各本部・部門では、職務の専門性を高めるためにテクニカルスキルやプロフェッショナルスキルの強化を図る各種研修やe-ラーニングを行っており、本部ごとに特色あるメニューが用意されています。

人材育成プログラム

充実した自己啓発支援施策

大日本住友製薬では、社員一人ひとりがそれぞれのニーズに応じて自主的に学習に取り組むことができるよう、自己啓発支援施策の充実に力を入れています。
社員の自己研鑽への意欲は非常に高く、自らのキャリアを追求していく姿勢を証明しています。

通信教育講座
豊富なラインアップで、
ライフスタイルに合わせた学習を

福利厚生のカフェテリアプランでは、通信教育講座をラインアップ豊富に用意しています。
カフェポイントを利用すれば、受講料の補助が受けられ、ビジネスに必要な知識・技能を自らのライフスタイルに合わせて学習できます。

通信教育講座イメージ
教育用WEBツール
受けたかった研修を、
WEB上で何度でも

自己学習や職場勉強会で自由に利用できるWEB研修ツールです。
約100作品220コンテンツがあり、実際に研修に参加できない場合も、自らのニーズに応じた内容をパソコン上で受講できます。

教育用WEBツールイメージ
語学学校授業料割引
グローバル展開に必要な語学力を
リーズナブルに

複数の英会話学校と法人契約を締結し、社員は各英語学校の提供する教育サービス(レッスン・eラーニング)を優待価格で利用できます。

語学学校授業料割引イメージ

『自己申告制度』で、
一人ひとりに合ったキャリアプランを形成

人材育成の観点においては、会社と社員の意思疎通が非常に重要です。大日本住友製薬では、社員が自身の状況や事情、希望などを会社に伝える「自己申告制度」を設けています。
自己申告書を会社に提出するだけでなく、上司との面談を通じて自身の意思や関心、志向を見つめ直し、一人ひとりに合ったキャリアプランを描くことができます。
そして、それをOJTやOff-JTにつなげることで、社員一人ひとりの成長を支援しています。